疾走

長文ポエマー地下室バンギャル

いきてるいきてる





ねむみ




なんかここんとこぼんやりしてるし、物欲もバンド欲も面白いくらいに減退しているし(まれに起こることではある)、ワクワクするものは買えないのにしょうがないから出すみたいな形でお金が減ったりするし、なんか大体げんなりしている。ダウンってほどでもないし下降もしてない、ゼロ付近を停滞しているいやな時期である。でもここで気を抜いてテンションがマイナスになってしまうと結構悲惨な憂鬱感に飲まれたりするので、そうならないように気を付けてはいる。悲観したってしょうがないのだ。過去は変わんないんだから。見ない振りをする。年齢を重ねるとそういうことが出来るようになるのね。あったかいものを飲むとか、面白いテレビを見るとか、とりあえずおんもに出てみるとか、寝てみるとか、お風呂に浸かるとか、いぬをモフるとか、洗濯をするとか、気持ちが重くなる暗くなる話題を確実に避けるとか、あと実はマイナスなことを口に出さないっていうのもさりげなく効く。言わなきゃ無いのと同じだって思えばなんとかなったりする。今回は吐くけど。そういう無理の無い範囲でなんとなく出来る、いつのまにか身に付けてしまった抗鬱的な対処があって、それが出来るから元気なんだけど、楽しくはないから、なんかわりにあわない。元気なときは楽しいのが良いのに。
そういうただなんとなくつまらない時期に限ってイヤホンのイヤーチップが片っ方どっかいったりすんだよな。ああ生命線~イヤーチップが無いとイヤホンって6割くらい機能しないんだけど、単体での存在が半分無意味なイヤホンって何なの?あとスマホの充電が80%くらいで切れるのでわたしも80%で切れたい。これらが楽しくない出費である。お水の箱買いもそうね。必要だけど楽しくはない。もっと厳密に言えば必要ですらない。
でもポーチもバッグも時計もイヤホンも欲しいなーとか思いつつ今持ってるもので全然充分だし、全部気に入って使ってるからそもそも変える気自体あんまり無いし、つまり要らないし、引きこもり体質だから買ったところで使わなくない?って話だし、要らないし、なんか女性ボーカルの曲でじんわり来るようになってあーやだなーって思ったりすんだよ。


思いの外平気で、まあ多分平気だろうなとは分かっていたので傷ついたりはしないんだけど、平気じゃないほうが良かったなと思う。好きなものをずっと好きでいることって何でこんなに難しいんだろう。今さら新しいものに手も出せないのに。ずっと好きでいたかったのになんで出来ないんだろう。
あーぼんやりと憂鬱。飲まれない程度のつまんない、耐えられる憂鬱。元気なんだけど楽しくなくて面白くないからずっとぼんやりめんどくさい。青さんに会いたい。もう分かってんだけど。会ったってどうにもならないんだけれど。もし会ってなにも感じなかったら愈々死ぬ。やっぱりちょっとこわいの。楽しいことをするために生きてるようなものだから、だから絶えずライブの予定を入れてるし、CDだって買ってるし、結局ツイッターだってやめてないんだけど、今はなんにも楽しいことが無い。WALKMANの中にも聴きたい曲が無い。聴きたい曲が無いときは大体楽しくない。音楽聴きたいのに良いなと思うのは女性ボーカルの別れ歌うらみつらみ。無いわー。つまんないわー。ライブ行きたいわー。でも行きたいライブは1ヶ月先だわー。長いわー。絶望的。チケットも夜行バスも振込は別に楽しくないんだよな。漫画も読むものないし映画も特に見たくないし本は読みたいけど何を読めばいいのかね?しょうがないのでいぬに顔を埋めながらメリンチでも思い出します。そういえばこないだ検索ワードで「法被 ブリーフ」ってのがあってめっちゃ笑ったし、それが新年初笑いだった気がして笑いました。四星球とMERRYも思い出しながらいぬに顔突っ込みます。青さんが夢に出てきてくださいますように。アーメン。