疾走

長文ポエマー地下室バンギャル

小春日和ってやつ




数週間経ってから気付く誤字の恥ずかしさたるや

それより行きたいライブが1ヶ月先なことのほうがいやんなっちゃうわ!がんばれない!ライブないとがんばれない!すみませーんとりあえずMERRYひとつー!




・先輩に笑われた話

先日勤務先の先輩に「そういえばのいちゃんって彼氏いるの?」って言われて食い気味に且つ無駄にデカい声でついでに真顔で「いませんけど?!」って答えてしまい今年も無事死亡致しました。我ながらそこでムキになってどうすんだよwwwwwって思ったし、先輩にも「(レスが)速いwwww」って笑われたでござる…南無…
普段わりと作った声で接しているのに(というかある程度声を作らないとまともに会話が出来ない)(なんだろう字面から匂い立つようなコミュニケーション不全は…)ついうっかり地声が出るくらいだったwwww
ていうかそういうことを訊かれたのがもう数年ぶりな気がする。仲良い人さえだーれも訊いて来ねえわーろた☆
まあ仲が良ければ良いほどそういう話題とは疎遠になるタイプなので良いんですけどね。最近した浮ついた話は友人が「最近モテ期なのか3人に言い寄られてる。社長の息子と、お客さんと、お客さんのアラブ人」って言い放ったこと。爆笑した。予想外すぎて。てかわたしの鉄板ネタ(イタリア人とパキスタン人にナンパされた話)よりもはるかに上をいく面白さで世界が嫉妬してる。詳しく聞いたらどの人もなんか悲惨な感じでもう本当に笑ったよねwwwww今度どうなったか聞こうwwwww



・そして先日欲しいもんなーいつまんなーいみたいなことを言っておきながらの話

ちょっと重めのタスクを片付けたので、肩の荷が下りたそのままの足で意気揚々とデパートに向かってしまったんですけど、いやこれは単にバスまでに時間があったのでちょっと寄ってみるかなーみたいなすっごい軽い気持ちだったんですけど、 うっかり ポーチを 買ってしまった
アーーーー!!!!
うっすら嫌な予感はしてたんだよ!もしかしたら良い出会いがあるかも知れないっていう嫌な予感ね!ここのところ物欲ナシ子ちゃんだった上にお正月勤務も重めのタスクも頑張ったから多少の贅沢はよかろうもんとばかりに財布の紐はバッチリゆるめだったし、まあそんなこと言っといてちょうど手持ちがなくて(1000円足りなかったくやしみ)魔法のカードでシャランラー☆しちゃったんですけど、好きなブランドのさ!ポーチのさ!サイズのちょーどいい感じのやつがさ!ディスカウントされててさ!めっちゃ安くなってたんだよ!変に誤解してほしくないから金額言うけど3000円でした。それは買うじゃん?そしてそれで1000円足りないってどんだけだよって話じゃん?所持金2000円でデパートに殴りこみにいく図太さ。そして好きなブランドが近くのデパートで取り扱いがあるというこの地獄沼……
しかしデパートのおブランドの品揃えって謎だよね…お買い上げしたポーチは今年のでもないし前シーズンのでもないし、他にもいつのだろう?みたいなやつがぽんと置いてあったりする。でもそれがよお…めっかわだったんだよお…現品限りだったんだよお…ちょうどいいサイズだったんだよお…見つけるんじゃなかったと思ったよお…でもババアは嬉々として店員さんに「すいません」と声をかけるのみだよお…
ほんとわたしの意志と財布の紐なんて惰弱な約束が薄弱を誘い、僕たちは――――。って感じだったよね。名曲を汚してどうもすみません。でもめっかわだしすごく安くなってたし前に見かけてかわいいと思いつつシーズン外でもう買えないと思っていたお品物を手に入れられてぼくはホクホクです。ラリホー!ケーキ買って帰った。あれ?お財布大惨事だな?
既に使っているやつも大事に使いつつこっちも大事に使っていきたいです。ちなみに既に使っているポーチも同じブランド。嗚呼地獄沼。
別におブランドなら何でもいいわけじゃないし特にそこに執着しているわけではないんだけど、ひとつ気に入るとやっぱり見ちゃいますよね。曲が気に入ったらアーティストに注目するのとおんなじ心理だと捉えています。



ツイッターで見かけたのですけど

rdsig.yahoo.co.jp
ノンスタ好きだし、以前逹瑯と対談していたので石田さんがどういうこだわりをもつ人なのかってのもなんとなく分かっているし、言っていることも尤もなんですけど、なんていうかまあ「ハアそうですか…」と思ってしもうたよねえ。ライブレポの非とかはまあ…納得出来るところもありますね。申し訳無いね。わたしが好きなのは音楽だからその場にいなくちゃわからないこともたくさんある(というか、むしろ素人のレポで伝わることなんてあまりにも少ないとも思う)んですけど、やっぱりお笑いだとオチとかのネタバレ的要素も大きいし、喋ることが芸なわけで、細部までこだわった言葉を適当にレポられることにものを言いたくなるのは尤もです。ただ個人的に音楽系のライブレポは楽しく読んでるし、その場にいないとわからないことがたっくさんあることを知っているのでなくなってほしいとはちょっと思えないです。
ただレポの是非はおいとくにしても、こういう…なんていうのかな、演者と受け手の間の所謂マナー論争みたいなものを見かける度に思うんですけど、演者にとっては「仕事」「人生」であっても受け手にとっては結局「娯楽のひとつ」なんだってことを少しでいいから記憶の片隅においておいてほしいなってたまに思います。わたしはその娯楽に人生突っ込んでいた時期があるけれども、それでも娯楽なんですよ多分。どこまでいってもね。だから演者がやりたいことが出来ない、させたくないことをやめさせられないっていうのは多分受け手にそこまで付き合う義務も情熱もないからで、それはやっぱり運が無かったねとしか言いようがないし、あるいは実力そのものが足りない場合だってきっとあります。禁止に関してはもうルールにする他ないでしょうね。
反対に受け手は演者に口を出すことが本当は無意味であるということを意識していなければいけないのかなあと思ったりもします。受け手の立場としてはこれだけはしないでくれ/これだけはしてくれって思うこともあるけれど、声を荒げるのは単なる攻撃でしかないし、気に入らないことを何もかも伝えることが正しいとははなから全く思っておりません。…と思ってやめたんですけど。
どちらがどちらへ何を言ってもお互い多分なかなか変われないし、変わらないからこそ良いことがたくさんあるんですよね。多分。
石田さんのこととは直接関係が無いけれども、ファンと対象っていうのは結局永遠にねじれの位置で、双方が交わることなんてないのかも知れないなあというのがわたしの所感です。2014年2015年を経たわたしの結論です。
まあ規模とかもあるけどね。ドームはねじれきってるよね。でもライブハウスなんて今ここにいる奴大体顔見知りイェー、なんてことが起こり得ちゃうもんなあ。「おっ今日もいるな」みたいなのしょっちゅうだし、演者も顔覚えるし、感覚麻痺するところはあるわな。人間だもの。





今日のところはそんな感じでした。
しかし先日なくなったイヤホンのイヤーチップ、応急処置でサイズを変えてぶちこんでいたやつが今日もまたかたっぽどっか行きました。おこです^^イヤーチップに500円ってどう思う?ポーチに3000円ってまあまあ安いよね?化粧水に3000円はどう?

そんで「人と接するのに苦手意識があって」みたいな話したら「えっ?」って言われて「えっ?」ってなりました。えっ?出来てんの?人と接するのそこそこ出来てるように見えてんの?なにそれこわい
人に見えてる自分と自分が見てる自分には乖離があるんだなあ いまさらだなあ のいを


もうゼロ付近での停滞は終わって元気です!楽しいです!ポーチかわいい!今日はすべらない話みるんだー☆じゃあねー☆