V.S.

ポエマー長文地下室バンギャル

壮大なテーマの隅をかじる




個人的感情かつ完全独り言なので全力でスルーしてください
しかし書かなくてはならない 言わなくてはならない 勿論すべてを自分に向けて




発表されたときからずっとまとめなくてはならないと思っていたんだけども今度ガラと結生くんがやる予定のアコースティックライブのタイトルが何をどう考えてもcali≠gariで、最近よく見かけるようになった兼ギャの方々の興奮がわたしの棲む辺鄙なところまで伝わってくるのだけども、わたし自身はちょっとなんとも言えない気持ちでいたりする
いやだって冷たい雨は…冷たい雨はなあ……!!
青春狂騒曲はまだしも…ねえ…!冷たい雨は…!!!
長年やっていれば多分わたしみたいなモンペというかモンスターカスタマーみたいな輩とも遭遇する筈だし、強い憧れがあるのであれば本人がある程度この気持ちを分かってくれるだろうと思うから、……絶対しないだろうけど、絶対しないと思うんだけど、なに、こう…ね…迂闊なことは…されたくない…
確かにやりたくなる気持ちは分かる、いや実際やるかは分からんけど、分からんけど名曲だもんな…名曲なんて言葉がぺらいほど名曲だもんな…
一時期botを作っていたくらいなのでインタビューもそれなりの量を読んできて印象に残っているものがたくさんあるのだけども、冷たい雨というのは青さんが「自分の葬式で流す曲」だと言い切っていたもので、アレンジもしないと言い、石井秀仁以外には歌ってもらいたくないとまで言い、武道館公演を行うときも「続き物を作るにあたって一番失敗できないものを選んだ」という言及があったくらいの曲で、だからわたしは冷たい雨を最も重要な曲だと思ってきた、あれがいちばんに「『cali≠gariの桜井青』を象徴してきた曲」だと思っている
重要すぎるからこそ好きという言葉でお茶を濁すわけにはいかなかった、それだけの曲だ
人生で最も楽しくつらかった時期の、わたしが神様とまで想ったひとへの、並々ならぬ思い入れと時間があの曲には費やされている
再起動の野音でも数えきれないライブハウス公演でも意味深な死せる青春でも直近の成仏したラムフェスでも、イントロで何もかもが崩れ落ちるほどに、全ての記憶と感傷のしるしたる曲、何もかもをあの曲に詰めてきた
それを、今の杖であるMERRYにやられたら、何だろうな、ほんとにどこかが折れてしまいそうな気がするんだよ
いずれやるとは思っていたけれどほんとは対バンも素直には喜べなかった。だってわたしは必ず比べるだろう。cali≠gariとMERRYを比べたくはないし、お互いに代わりにも補填にもならないと思うし、それはわたしにとって、ってことだけど、そうやって思っていたい。だからずっと交わらないでほしいと、勿論こんなもんはちっちゃい屑みたいな存在の一ファンの頭の中の塵みたいな気持ちでしかないから叶わなくていいっつか叶わない方がむしろありがたいくらいなんだけど、それでもそんなことを思ったりしていた
せんちめんたるは心のシャッター爆押し(ただし圧倒的ブレ)って感じだったけど、冷たい雨は意味が、意味が他の曲とは圧倒的に異なる………
トリビュートの話が出て、なんかの雑誌だったかWebインタビューだったかでかつてのレーベルメイトのかの偉大な後輩バンドが「冷たい雨をやりたい」と言ったときに、思わず脳内で「やめろ!」と言葉が出てしまっていたくらいである。
重ね重ね言うけれどこれは屑みたいな一ファンの頭の中の塵みたいな気持ちでしかないので、押し付けるつもりもないし、伝えたいわけでもないし、この記事自体がほんとにあくまでわたしがわたしのために書いておきたいことでしかないのだけれど、やっぱりcali≠gariと言えば、cali≠gariの桜井青と言えば、わたしが死ぬほど好きだった人の作品と言えば何よりも「冷たい雨」なのだ
どんな曲とも比べようがない、それだけの意味を持つ曲を、他ならぬcali≠gari以外には、やってほしいとはどうしても思えない
まことに申し訳無いのだけども いや屑の塵なので申し訳無いとか既に全然お門違いなんだけども
日曜だしと思ってチケットも取っていないので参加自体が恐らくは出来ないんだけど、ていうかもうタイトルが怖すぎて行けないんだけど、見ると見ざるとに関わらず、ただ、やるかやらないかの事実が、もうわたしには恐ろしいのである

いつぞやに、作家ご本人が「歌詞を付け加えたい」ということを仰っていて、それすらもわたしは嫌だと思った。何度も言うけどこれは本当に個人的な感情であり完全な独り言なので全力でスルーしてほしい。それでも嫌だと思った。作品は作家のものか、受け手のものか、両方か、どちらでもないのか、大学時代からずっと大きなテーマなのだけれど、ただ、やめてくれと思う。人生で最も愛した作家の象徴であっても、言ってみればその作家すらが、半分わたしの作り出したものでもあるのだ。だから、後生だから頼むから…とずっと思っている。ほんとは前奏のサックスが入ることすらちょっといやなくらいだ。再録とかも正直しないでほしい。したいと言うのであればしょうがないさ、何だかんだ最終的に奴隷だもの…だけどしてほしくはない。いやほんとされたら泣く。想像で既にちょっと嫌すぎて泣きそう。きっしょ!だけど、だけどやっぱね、しょうがないんだよね。しょうがないんだよ。
不変のものがあってほしい、変わらないでいてほしい。つまりそこに還ることを許してほしいんだ。
冷たい雨だけはほんとどうにもなんない。