疾走

ポエマー長文地下室バンギャル

♪:脈拍







精神的に参らないことだけが目標、暗い気持ちに支配されないことだけが目的だから、楽しいは二の次三の次、ただ「しんどくない」それだけが唯一絶対の仕事に求める条件(いや勿論給与とかその額面も不可欠だけども)。まあ何だろうな、言ってもやっぱしんどいし時々ほんとに気が滅入るんだけど、それで朝起きて死にたくなるほどではないしむしろそういう気持ちになる前に行動するという防御をしている(それが出来ている)。だけどふと考えるよね、7時に家を出て21時過ぎに家に着くこの生活の行く先。他に何があるかなあって。ライブも行けないし家に帰ったらご飯食べて寝るだけの生活。これ意味あんのかなって。楽しきゃまだいいのかも知れないけど別に楽しくもない仕事で1日の半分。睡眠時間を6時間と見積もってもあと6時間しか自由が効かなくて、それでどうすんの?って、そりゃー思わざるを得ないよね。フリーターのときはさあ、こんな楽してて良いのかなちゃんと仕事してますって言いたいなと思ってたけれどいざ「職に就いています」って言える状態になったところでじゃあそれ以外の部分のわたしに何があるのかってことが言えなくなってきてしまっている、それがすごく馬鹿馬鹿しく感じる。虚しいとか切ないとかじゃない。なーにしとんじゃろわたし、って呆けてしまう。こんなにもたくさんの時間を楽しくもないことに費やして。仕事に楽しさは全く求めていないから憤りみたいなものはないけどあー馬鹿馬鹿しいなーって口開けたくなるこの気持ち。それでも生活をしていかなくてはいけないから働くけれど、そこ自体に目標や目的が無い人間が働いたところで何が生まれるのか分からない。いや何も生まれませんよ。のんべんだらりと生きていきたいなあ。しんどいことを排除して精神的に楽して生きたい。それだけ。それだけだよ。精神的に楽をする。サボるとかじゃない。怠惰になるわけじゃない。ただもう二度と追い詰められたくないんだよ、身を捻り切られるような不安を感じたくない、だから頑張ろうとも思えない。頑張ろうという意欲の代償は疲労、決意の代償は自己嫌悪と恥。恥をかきたくないんだね。恥の多い人生だからもう。あー、結果に期待してないんだ。全然ポジティブに考えられてないんだ。視野縮こまってきてるし、視線は後ろ向き、口角は下向きだ。あー疲れた。あーモニョる。言いたいことがめちゃくちゃあるのは絶対お互い様な筈なのに、マスクの下で舌を出して終わり。言いたいことを言えばそれだけ反駁。違うじゃん、そういうことじゃないじゃん、を延々。水掛。もー無理だ。人を嫌うのはエネルギーが要るから極力やりたくないけどどっかにあー違うな、って合わないパズルがある。言霊を闇雲に信じているので積極的に言いたくもないけど、気に食わない。気に食わないんだよなあ。上から目線だなあとは思ってる。謙虚になる余裕もない、謙虚どころか見る余裕もない。五感死にかけながら動いてるんだから、謙虚なんて高次なこと出来ない。

いろんな気持ちを込めて、内向き外向きの愚痴フヘイフマンフアン、言えないことも言いたくないことも吐き捨てたいことも投げつけたいことも詳細を全部引くるめてわたしは「ライブに行きたい」って言うことがあるけど、まあそうやって変換出来る願望の明るい動詞を持ってることはきっとそこそこ恵まれているんだろう。26日当日券出してくれたら良いな、ただ行って楽しめるかは別だけど。別だけど、あの熱轟音呼吸空間暗転、地の底から天まで駆け上っていくような興奮と何にも換えがたい高揚感、それがあれば多分まだやれる、まだ頑張れる、と思えるかも知れない。そこにしか頼るところがない。生身の人間を信用出来ないわたしは。死にたいと口に出せなくなったのはいつからだったっけ。何とか呼吸をし続けるためだけに半径10cmのありとあらゆることに手を伸ばす。その中にはもう死という選択肢は無いのだ。ただその10cmを飛び越えた先には常にある。いざとなれば終われば良いと。それはもう本能に近いようなものなんだろう。
こういうくだらないことを書き連ねて時間を浪費する夜にさえ我ながら呆けてしまう。もうちょっとましなこと書けねーのかよ。面白いものが見たい。心揺さぶるようなものが見たい。わたしもそこへ、その場所へ行きたい、と思えるもの。だから過去にすがりつくんだ。帰れたらいいのにな、何よりも好きなものを好きだと言えていた頃に。今のわたしを見たらあの頃のわたしはきっと哀れむだろう。哀れむだろう、笑いもせずに。馬鹿馬鹿しいなあ、浅い意識で生きていくこと。無くなっても困らないものがずっとそこにあること。いつの間にか何もかもが終わっていくこと。意義の無さそうな人生。半径10cmの信号さえ不要な世界。