疾走

長文ポエマー密室バンギャル

言葉尻捕らえ隊







「楽しいだけの野音を返して。」問題


取り乱してすみません。引き続き乱れています。特に構成が


「返して」とは誰から返してなのか。誰が「楽しいだけの野音」を奪ったのか。
そんなことを考えています。
まあなんだろね、結局こうやって画面に向かうと深刻になってしまうんだけども…

そりゃー7期終了の顛末末代まで絶対許さない勢のわたしからしたら奪ったのは他の誰でもなくテメーらだろうが!と巻き舌発音ですけど、巻き舌するわたしの他に比較的穏健派なわたしがおりまして、そのわたしが冷静に「誰に奪われ誰から返してもらうのか」を考えようとするんですね。

ごめんねやっぱ言っていい?如何に心の中に穏健派が住んでると言えど、その人でさえ
え~それお前が言っちゃう~~~~~????wwwwww
って草生やしてるんですけどどうしたらいいの?え?これ何を狙ってんの?13文字に収めてくるところが憎さ100倍なんだけど?傷心盤レベルで憎いんだけど?みんな平気?おまいうってなってない?

クールダウンクールダウンクールダウン……ナウコンテニュー……

というわけでほら、こんなこと書いてるくらいならテレビ見ながら眉毛抜いてた方がまだ有意義なんだけど、とりあえず寝るまでの暇潰しです。
奪ったのは誰なのか。まあ大まかに分けたらそりゃあ「客」「自分たち」「外部(事務所とか会社とかそういう)」の3つだと思うんですけど(ほんとは4つ考えられるけど4つめは脳が裂けても考えたくありまへん)、それでもやっぱ前2つ、「客」か「自分たち」かでしかないと思うんですよね。

奪ったのが外部ならばそれフライヤーのコピーにしないじゃん?見せる相手が明確だからね。見せる対象である客へのメッセージか、もしくは自分たちの決意か、そのどっちかなんだろうなと思うわけですよ。

(1)客へのメッセージ
おま(略)
クールダウン…クールダウン…
まあ要するに「楽しいだけの野音に出来るくらい盛り上がっちゃってくださいよ」ってことですよね。「来て下さい」も含めてね。愛憎入り交じるわたしからすると「テメーで頑張れや!!!」と思うし、「そういう煙に巻くとこ好きやったなー」とも思います。
別に誰も気にしちゃおらんと思いますが今のところ行く予定はございません

(2)自分たちの決意
「楽しいだけの野音にするくらい頑張りますよ」ってとこでしょうか。でもやっぱフライヤーのコピー、読まれるのが第一の使命であり且つあんだけデカデカと書かれるとね、客宛なんだからさ、なんかそういう解釈は温情が過ぎるかなって気もします。






「返して」ってところが、引っかかる。

返してという言葉の解釈に依る。

例えばそれが「繰り返して」とか「ひっくり返して」、あるいはいっそ「還して」とか、そういう「巡るもの」を意図するならまだここまで怒んないっすよ。楽しいだけの野音をもう一度やろうよって言いたいのかなって素直に思えるよ。

でも「返して」という言葉はやっぱり「取り返す」「奪い返す」の方で捉えちゃうじゃん。返却じゃないけどさ、催促じゃん。何を催促されてんだってなるじゃん。だって多分「返して」で一番使われるのって「お金返して」でしょ。知らんけど。貸したもん返せよでしょ。元自分のとこにあったものをあんたが不適切に持ってんだから返して寄越せよ、でしょ。それはさすがに強すぎるかも知んないけどやっぱり返してほしい「対象」に「物理的移動」が発生してんだよ。言葉の中にね。


返して。返してかあ。やっぱさー、取り返す・奪い返すのニュアンスだと思っちゃうよね。繰り返す・ひっくり返す…とかのニュアンスで捉えるって相当の優しさライセンス持ち(もしくは盲目お財布さん)の解釈だよね。








ついき!
よみかえしたらあまりにもひどいのでまとめました


◇「楽しいだけの野音を返して。」問題の議題

1.「返して」の定義
1-1.「繰り返す」「ひっくり返す」などリフレインの意。
1-2.「取り返す」「奪い返す」など物理的(理論的)移動の意。

2.「返して」の定義を1-2に仮定した場合の移動元
2-1.我々客
2-2.バンド自身
2-3.外的要因(会社、事務所等)


以上。あとは頼みます






ついきそのに

なんかウェブインタビューでふつーに話題出てたわ
でもはらたったのでのこします、し、別に正答を求めているのではなくわたしが腑に落ちるわたしの答えが欲しいのでここではそのインタビューの内容については言及しません。












どちらにしても冷静になって思い返してみれば「楽しいだけの野音」なんてわたしにはなかったなと。
真梅雨も死せる青春も血闘も7期終了も楽しいだけの野音なんていっこもなかったな。全部どっかで泣いてるもんな。
楽しいだけの野音なんてどこにも存在しないから、奪い返すことも繰り返すこともどちらもしようがなかったんだった。じゃあわたしは一体何に怒ったのか?すべては無駄なんですよ。
13はまだ聴いてません。