疾走

長文ポエマー地下室バンギャル

Ⅱ みんな死んでしまいますように。









♪:だけど朝日は今日も咲き誇る/LAB.THE BASEMENT


分からなくて答えられないのは「恥」であり、出来ない、失敗、間違いは「罪悪」だった期間が人生で長かった皆さん、今日も生きていますか。

社会人になってから「失敗は誰にでもある」ということをよく耳にするようになりました。が、何故それを幼少から教えてくれなかったんでしょうか。おかげでこんなんなんですが。でも生きる中で、友達関係であっても受験であっても、失敗は即ち「取り返しのつかないこと」であり、あったらそこで何かが終わる、非常に危険な落とし穴です。撤退はあれど敗北のない、それがわたしです。だから今こんなにも打たれ弱い
無感動に努めて強くなったと勘違いしている皆さんへ。それはとても立派なことです。繊細に自分を傷つけやすくいることはむしろ簡単なんです。だからあなたは立派ですが、それはやはり、強さではないように思います。
だけど、打たれ続けることに耐えられることが強さなら、そんなもの要らないよね?


理不尽に声を荒げて人を傷つけられるのも、ヘラヘラ笑いながら「わからないですぅ~」って言えることも、どちらもラクそうで良いよなと侮蔑したくなります。それで生きていけるなら良いよね、言い訳もさせてもらえない。話を聞いてもらえない。ただ謝ることしか許されなかったわたしには、そんなこと出来なかったから。そしてそれがずっと羨ましかったから。嫉妬が侮蔑に変わるのはあまりにも醜いことだけど、そうでもしないともたない何かがあります。
「出来るように見せること」「他人の手を煩わせないこと」それだけを意識し続け、出来ない誰かに、煩わせる誰かに、心の安寧を奪われ続けて生まれた歪な大人の「いい子」の皆さん。本当にお疲れ様。今日はゆっくり寝て、明日にはまた世界を罵り噛み千切って生きられますように。