疾走

長文ポエマー地下室バンギャル

北へ








明日の予定が決まっただけでこんなにも晴れやかに仕事が出来るとは……!と約3ヶ月ぶりくらいに清々しく仕事が出来た昨日でさえも束の間、今なんかすごい気落ちしてて笑う
理由はいつだって同じ

大学の4年間を寒いところで過ごしてからというものめちゃくちゃ冬が好きになった。はいいんだけどやっぱり気落ちするのは避けられないというか、むしろ落ち込むから冬が好きなんだなと思い始めた。8月が終わった瞬間に暑さも手を引いてここ2日間くらい秋の涼しさ。残暑はいずこ。あと少しでチック・タックがハイパー映える季節になると思うととてもテンションが上がります。

むしゃくしゃして激昂したあとにあまりの自分の知能の低さに悲しくなって鬱入るの大体昔っから変わらないね。ルーティーン。

何が怖いのかも分かってないくせにどことなく襲ってくる不安感と恐怖心。どこへも行けなくてこのまま冷たい空気と暮れていく陽に飲み込まれて融けていきそうな郷愁と孤独。懐かしいのに二度と戻れない場所。

朝になったら出掛けるよ。5時半に起きる予定なんだけど寝れるかな。置いていかれたわたしと置いていったわたしは相容れることが出来るかな。
死にたくなってももう死なない。生きるしかなくてもまだ消えたい。