疾走

長文ポエマー密室バンギャル

拉げる








家路から離れられない


ダメだ…もう……無理…

なんだろな…昨日の時点では「サイコー!イェーイ!MERRYかっこいい!!」みたいなテンションだったんだけど今日聴いたらめちゃくちゃ心が折れてる…ポキポキのくしゃくしゃ…何で…?

なんかこう…
「あのときどうすればよかったのかな」
とか…
「戻ってこなければよかった」
とか…そういう気持ちになってる
めっちゃ落ち込むんだけど何なんですかねこれは…

素晴らしくて、MERRYを好きになってよかったなって思ったし、MERRYのファンって名乗れることを誇らしくもなったし、聴いてるとMERRYに対して作っていた防御壁とかかけていたブレーキとかストッパーとか全部打ち砕かれてぶち破られて、もう愛が止まらないというかいよいよ最後の箍が外れてしまうのでは、と思ってたんだけど、だけどほんとは、

…いやこれ書くべきじゃないな…?

1曲リピートを6時間くらい繰り返しても全然ダメだ、足りない
どこまで聴いたらわたしのものになってくれるのか、楽しみでもあるけど恐ろしくもある
この家路がわたしのものになってしまったとき、何かを失うような、取り返しがつかなくなるような、そんな感じがするよ

思い出したくもないと思っていたことも、死んでしまえば、ただ可哀想な思い出として残るのかな、とか
あのときつけられた傷は、つけた傷は、跡形もなく治っているのに、息苦しさと熱さは鮮明に覚えているんだ

だめだつれえ…聴いてるとつらくなってくる…こわくなってくる…だけど聴かずにはいられない…

わたしはあのときどうすればよかったんだろうね






ああなんかぐっちゃぐちゃに泣き散らかしたくなってくる
もう出来ないけれど