疾走

長文ポエマー密室バンギャル

新陳代謝である








はーるがきーたーはーるがきーたー(わたしにではなく)


レポートが終わったーーーーっ

また上司の優しさでなんとか書き終わった…ほんと上司の家の方向に足向けて寝られないですよ…ありがてえありがてえ
読書感想文とか小論文とか、大体そういう作文っていうのは「出題者の意図」というか「多分こういうところに着地するように書けば合格点は取れるんだろうな」っていう目安があるじゃないですか。テーマも明確だし。でも今回のやつはそういうテーマもたった一言で済まされてて相手がどういうのを求めてるのか、どういうレポートが来れば及第点をあげたくなるのかがよく分からないのですげー難しいんですよね。素直に感じたこと書けっつっても「つまらなかったです」とは言えないし…
自分の中から生まれるものがなくて更にテーマが大まかすぎて及第点をもらえるであろう着地点も分からないものってめっちゃくちゃ書きにくい…うんうん唸ってしまった…
ああつかりた。大体いつも「時間無い!!まあこれでいっか!!!」で提出してしまうんですよね。そのこれでいっかに辿り着くのを早くするためにも手をつけるのがギリギリなんです。今日書いて提出明日の朝締め切りでーす。終わってよかった上司ほんとにありがとう…!!!土下座でお礼言うレベル…!!!


というわけで今日は異動する先輩の送別会をやってきました。
異動、自分も含めて近しい人で5人目?5回目?になるのかな。やっぱり最初の異動よりはかなり慣れてきて寂しさみたいなものもちょっと薄れたかなとは思います。でも一番年近い先輩だったし、性格がすげーいい人でめちゃめちゃ甘えてるとこがあったんで、まあ甘えてたからこそ寂しさみたいなものもないんですけど、やっぱりあー明日からはいないんだなーとなんとも言えない気持ちです。

ほんとはわたしが異動したかったやでww
今の部署、パートさんはめっちゃ良い人ばっかなんやけど如何せん体力的にえらいもんがある…正社員少な過ぎわろ…

なんか最後先輩を蹴り上げて終わったんだけど…書いててもなんだそれってなるな。いやほんとにケツを盛大に蹴ったんですよ。笑いがとれたからよしとする…w
そういうやりとりが出来るほど愉快な先輩でした。多分相性がめちゃめちゃ良かったんだろうね。せっかく被ってた猫をひっぺがされてわたしは大変だぜ…
全然関係無いけどこないだテレビで女子アナがボクシングの体験みたいなのしてて「人を殴るの初めてです~」って言ってて驚いたんだけどそうか、普通の女子って人を殴る経験…無いのか…わたしは兄がいたから小さい頃喧嘩は専ら肉弾戦ばっかりだったぞ。めちゃめちゃ兄殴ってたよ
でもそういうしょーもない、強がった外面さえ見抜いてた先輩だったんで、頼りっきり甘えっきりでした。そんな感じで異動先でもがんばっちくだちゃい。どんな流れだこれ

次の異動は恐らくわたしなわけなんですが、どこに行くんだろうね。県外かなー。ほんとは近いとこがいいなー。カーチャンといぬとの暮らし極楽すぎ、いぬ可愛すぎ最高
でも多分異動するとなったらわたし泣いてしまうな…もう最初の部署より今の方が倍以上長くいるもんな…最初の赴任先半年ちょいくらいしかいなかったしな…もう今の部署の方が最初感あるもの…


春は別れの季節ですね。出会いの季節でもありますが。四季では一番春が嫌いです。フワフワ浮かれててソワソワ楽しそうでほんとに反吐が出ます。目はシパシパするし。ヤダヤダ。学校にはおめでとうと送り出してくれる卒業があるけれど、もうめでたい折りなんぞなくなってしまったわたしは、相変わらずボケェーっと毎日仕事してくんです。楽しくなくても楽しめなくても。
そのかわり3月ライブ2本追加した。全力で生ききってやるからな!
卒業してからも会う友達って大学まで全然いなくて、だからか一度別れれば二度と会うことはないと思い込んでいる節があります。今でこそそんなの意志でどうにでも出来るはずだってことを理解してはいるけれど、毎回「きっと二度と会わないだろう」と思ってしまうんです。前の上司とも今回の先輩とも、きっと滅多に会わなくなって、例えば会社を辞めてしまえば、永遠に会わなくなるんでしょう。さよならだけが人生か。わたしは春が嫌いです。多分これからも嫌いです。