疾走

長文ポエマー密室バンギャル

憂き我をさびしがらせよ閑古鳥(♪:カッコーの巣の上で)









松尾芭蕉


レタスチャーハンおいしい!

前回の記事マジクソウケぽよマンでめっちゃくだらないですね。おめーはお野菜畑じゃねえ虫に食われて商品どころか農家さんのまかないにもならねえ0円食堂にも提供されねえそこらへんに落ちてる腐ったネギのヒゲ根だわ

いや我ながら珍しく例えが上出来すぎて傷つきます


f:id:lyque:20180610234441j:plain:w250

ヘクトウ良番多分おめでとう記念わたしも年季の入った厨二オタクの端くれとして2年に1回くらいこういう象徴みたいな行動をしたりします。基本的には答えの出ないことは考えない脳みそつるんつるん人間且つ致命的に自分の字が好きではないので開催は3回目くらいでしかないんですけど確か前回は夏の日でやったりしました。歌詞を書き出して改めて意味を辞書で引いてみたりとかモチーフになっていそうなものを検索してみたりとか関連してそうな部分を繋いでメモってみたりとか。いやこういうのを文系ギャとやりたいんだよな…。
今回はカッコーの巣の上で/カッコー。隠れた(隠れすぎた)ド名曲、一生涯生で聴くことはないだろうと寂寥と一緒にある意味うっとりとした陶酔と言いますかひきのばした恍惚みたいなものを感じていたわけなんですけれどもまあまあ良いところで見れそう聴けそうなのでむしろ気持ちが迷子になったりしてます。ライブの醍醐味というかそのまま意味は「生で聴けること」であってよく行く人はそれが背骨であるわけですよね。だから生で聴くことはないだろうという確信みたいな予感は背骨を抜かれることであり絶望でもあり恍惚でもあるわけです。それを(恐らく)やるということはがっつり背骨を植え付けられキッチリ伸ばされることでもあり。絶望も恍惚も一瞬であれ確実に吹き飛ぶのである。ぽよ。その先に待つのはもっとえげつないものかも知れないけど。

変なところでロマンチストになりきれないリアリストであることと自分のオタク遍歴と環境というか生い立ち的なものも相俟りまして解釈とか考察とか当人のコンテクストにまで踏み込んで考えるのは人権侵害というか領海侵犯的なものなのではって思ってしまって(それもまた思い上がりなんですけど)ついでに自分が干渉嫌いなのもあって、最近ずっとウンウン唸っているところであったりするのですが、でもまあどうせわたしなぞチンアナゴのぬいぐるみと合成した名前を借りただけの顔も名も無きクソクソ魑魅魍魎ですし、こういうメモを書くのはなんつーか大分酔っ払ってないと出来ない所業ですし書き出して考えること自体は結構楽しくて結論、やっぱヨォ~、桜井青、常軌を逸して天才………おんもしろぉい……すぎょぉい………

このしとの歌詞の何が好きってそーらもう語彙力、選びとる語句の美しさ、並べ方の妙、そして余白…マジ尊師…いや師じゃなかった…御大…巨匠…ところで茨城県魅力度最下位的なものを見る度に密室系生み出した時点で国宝世界遺産だぞ低頭したまえって思うよね。行ったことないけど。

前書いた歌詞から25フレーズ選ぶやつ、追記したいけどそこそこ読まれたやつは(誤字脱字・事実の明らかな間違い以外)改変しないっていう無駄なポリスーを持ってるので変えてないんですけど、あのとき「サイレン」の「空が、近視気味の目にも青く~」のところ、「狂いかけの自分にも正常な判断力があれば」みたいなニュアンスを感じるって書いたじゃん?
こっからが追記だけど逆を考えてみて?もし自分が例えば「狂いかけの自分にも(もう少しだけ)正常な判断力があれば」みたいなニュアンスを持った文章を書きたいってなったとき、「空が、近視気味の目にも青く映るなら、僕は僕の場所をずっとずっと探せるよ。」だなんてそんな美しくて恐ろしい日本語をさらっと書けますか?!?!っつう話だよ!!!!!だ!!よ!!!カァーーッッ!!無理!!!!!!!!ハアー!!!!無理!!!!!!!!!書けねェ!!!!スゲェ!!!!天賦の才!!!!!!!!そして暇なき修練!!!!ア~ア~ア!!!!どんだけの時間言葉と向き合ったらそんな詞に辿り着けるの???おかしくない??精神と時の部屋????????何で茨城県魅力度最下位なの????????


取り乱しました。


まああんまり解釈とか考察とかっつー大層なもんじゃないんですけど紙に書いただけっつーのも勿体無いからとりあえず思ったことを上げときます。メモエンダ感想です。生で聴くと多分背骨が埋め込まれるのでその前に筋肉整えとこうみたいなちょっと何言ってるか分からないですけどそういうあれです。暇人が元気に狂ってんなと思ってくだち。なんせ明日休みなんだわ
しかし本業バンドから足が遠退いても一人暮らしの部屋にしっかりカッコーのCD持ってきてる訓練された信仰心、我ながら完全に信用できる。

改めて言うけど歌詞を読んだただの感想文だよ!!
わたしだけが楽しいんだよ!!!
的外れなこと言っててもゆるしてよ!!!!


・前提:映画「カッコーの巣の上で

まあ言うまでもないけど歌詞をパッと見た感じかなりなぞってるんだろうなあと思いました。帯の文もまさにこれ。映画は見てないのですけどとりあえずあらすじだけ読みました。これ映画見ないとお話にならない気がするんですけど、映画の結末部分が完全にオタク的地雷なのでゆるしていただきたい…
なんとなくですけど、やっぱり自分の印象込みで映画をベースに少年の内省と克己を重ねてるようなイメージ。それくらいしか真正面からは受け取れないかなあ。あとはこう…例えがあんま上手くなくてごめんだけど、氷山が浮いてたとして、海が映画、見えている部分(氷山の一角)が内省と克己、そして海の中にある見えない部分の氷が「政治」、そういう印象です。
「政治」っていうのはまあカッコーに限れば「Y談デモクラシー」の語句の(表面的な)影響がかなり強くてまんま「デモクラシー」「売国心」「マニフェスト」「更迭」あたりがそうだし、「N氏は美しく腐ることにした」からは「老人」に政治的要素みたいなものを受信したりしますね。
あとなんせ帯のコピーからしてもうそれなんでは?と思わせるところがあります。帯の文は引用しませんが。
ただし見えない氷山は全て海なのでっていうかこれ全部妄想ですしあんまり「政治」については考えてません、ので言及とかも特にしません。やっぱり映画見ないと話にならんのかもなあ


・鳥はどなた?

(1)はぐれ鳥迷い鳥
ここ順当に「僕達」であってほしい
(2)さんざめく鳥達
子供(≒いつか自分のような立場になる者)(もしくはかつての自分)?
少なくとも「僕達」ではない気がしますよね。(「政治」という視点を持つとここに軽蔑/呆れみたいなものも読めるのかなあとか思ったんですがあんまりこの曲に臭みを持たせたくない気持ちがあるので除外したい)
全然関係無いけど「遠くには~帰るのでしょう。」の一文、めちゃくちゃポルノのフィルムズ思い出します。出だしの「さよならの~」のとこ。
(3)カッコー
映画を下地とするとやっぱり「精神病にかかった人」なんだろうけど、カッコーという言葉が出たあとの「息を殺して~/声を殺して~」は「僕達」にかかっててほしいので(願望)、なんとなく何かしらを含むようでいてただの鳥であってほしい気もします(願望)。ただし最後に出てくる「カッコーの巣の上で高く」、これはもう帯の文の踏襲、であってほしい(願望)。
あとカッコーについていろいろ調べてもみたんですけど西洋だと割と明るい?イメージな気がするのに日本だとそうでもないような…まあネット知識なんであれですが…


・頻発する「鳴き叫ぶ」という歌詞の意味するところ全部違うんじゃね?

勝手な印象だよ
(1)息を殺して鳴き叫ぶ。
呻き声を上げる、咽ぶ/迷う、悩む、うろたえる
(2)声を殺して鳴き叫ぶ。
泣く
(3)鳴き叫ぶ僕達は朝を待つ。
飛ぶ準備をする、志す、主張する(だけの意志を持つ)
(4)鳴き叫ぶ僕達が朝になる。
生きる、生きている
かな~~?!q(^-^q)(p^-^)p
いくら文脈があるとは言えいっこ「鳴き叫ぶ」って言葉にこれだけ解釈の(解釈って言ってもうた)幅を持たせられるのちょっと異常じゃない??いやほんと読んでて天才すぎやしねえかと思いました
特に(4)の「鳴き叫ぶ」はその前に「死んだ」という語句が出ていることもあってどうにも対比の「生きている」にしか思えないんですよね。ヤッバ~~~(妄想が)


・特別な一文と起承転結と私

大体の曲にあーこの部分の正解はどう頑張ってもわかんないし自分で腑に落とせるところにたどりつけそうもないやっていうフレーズがあって、それはおおよそ答えを知りたくないというか言葉の響きのままとっておきたいっていうのと同義なんですけど、この曲だと
正しい答えは知ったけれど、この世界は少しだけ病んでます。
ですね。これが起承転結における承で、このあとの「僕達は此処に~任せるのかい?」までが転´、「鳴き叫ぶ僕達は朝を待つ。」が転。
このあとの「世界が答えを~光を翳す」が「正しい答えは~」とセットで、いやほんとこれ完全にわたしだけが楽しい妄想ですけど、転+みたいなそんなイメージです。ただ分からないのは「光を翳す」、「翳す」って掲げるという意味も遮るという意味もあるのでどっちなのか分からなくて最高ですよね。どっちもでもいい。
「世界が答えを棄てるなら」、めちゃくちゃ嘆息ポイント。正しい答えとどういう関連があるんでしょうね?少しだけ病んでいるこの世界が正しい答えを棄てるなら、なんでしょうか。世界が選択肢を与えないなら…ともとれるし、この前の部分が「代わり映えのない毎日」だから、未来を忘れるなら…というふうにもとれる。たまんねえー余白ぅーー!


・ハイパー尊みポイント

明日は、今此処に。
はいもうめちゃくちゃ桜井青~~!!!!!
これこれ~~!!!イェーイ最高ーーヤッタ~~~~!!!!
こうなんていうかやっぱ青さんて本来は延長線上にあるものや同一線上でも対極にあるものを交差させたり引き寄せたりひとつにしたりするのが目新しいし惹かれるんですよね。ここも密室系にはよく見られる歌詞なような気がします。密室系っていうか茨城の直系密室系ね。「うるさい沈黙」とかね。メモにも自筆で「超桜井青!!!」って書いてあって笑いました。


あとは「壊れた心の窓」について「手術後」とかなんかはちゃめちゃにまずいこと書いてあったりします。映画を見てないのでなんともですけど、あらすじを見た限りでは(出典はウィキ)(単位もらえねえやつー!)術後で終わってるので、そっから先機能回復することをして奇跡って描くこともあんのかなあーと思ったりなどしました。ただ外科的処置だからな…どうなんだろうな…映画怖くて見れねえ…

メモはもうちょい書いてあるけどいざ文章化するとなるとこれ書いてる間に4回トイレ行ったし3回「うわめんどくせえもう寝たい」ってなったのでメモはメモのままの方がいいのかも知れません。でも記録用に上げたい…でも自分の字は汚いし晒せない…なやみ…

ところどころ日本語おかしいかも知れませんがこれがわたしの限界です。3時です今


あーあとガラバのチケット振り込んできました。恐らくヘクトウで今期の運を使い果たしたわたし、duoの柱に呑み込まれてしぬ。


お疲れ様でした。久しぶりにやったけど楽しかったー。こういう無駄なことをする時間大切にしたい。あとオタク仲間がいたら温泉宿借りてA4にプリントアウトして歌詞について語らいたいです(夢)。友達が(いるけど)いねえ!!!