疾走

長文ポエマー密室バンギャル

♪:強く儚い者たち







7月ですね。



気温はそれほど高くないですが(体感)、なんにしたって湿度がえげつないのでめちゃくちゃ暑いきょうび、7月になったということもあってボデーソープをだね、変えました。ビオレのさっぱりさらさら肌みたいなアレ。夏になった途端に今まで使ってたものがなくなるわけもなく容器が空かないもんだから、詰め替えパックから直に使ってる始末です。ほら蓋ついてるし。人間として最低限度のラインを保って生活すると前記事で言ったのを即行で破りにいくスタイル。夏を感じる匂いがします。シーブリーズのボディーシートと薄荷油も夏を感じるね。毎年愛用してます。シーブリーズのボディーシートは使うとアルコール?エタノール?で咳き込むレベルだけどその分清涼感段違いなので肌弱くなければめっちゃオススメだぞ。メンズのボディーシートの匂いがあんまり得意でない人には特にすすめる。わっしがギャ●ビーの匂いとかちょっと苦手なのです。



先日あった研修の宿題課題が無事終わりまして解放感に溢れながらこれを書いています。アイスうめえ!
ぼかぁね、あたまがわりいからレポートとか論文みたいなものを書くのが本当に本当に苦手なのだよ……
大学もさー、学問とか研究とか論理的思考とか理論的考察とかもう全然ちんぷんかんぷんでね…アークソ何で進学しちまったんだって結構悩んだクチだったんだね…。まず感情論で生きすぎなんだわ。感想文とかだったら10枚でも書けるけど主観すぎることを控えなければならない文章とかきちんと順序良く組み立てた文章とか全く書けなくてほんとにこまります。語尾に「思います」使うの禁止って言われた時点で詰み投了だから。いやまず始まってもないから。咲く前に枯れるやつ。あーむりほんとにむり…読まれたくぬぇえ…
ま、終わったレポートのことは全部忘れますけど!
ちょこちょこそういうやつを書く機会があるんですけどその度に頭を抱えて先延ばしにしては尻に火がついた頃にやっとこうんうん唸りながら書きます。大学生かよ。ほんとにね。成長してないね。



総入れ歯ガラバのチケット引き換えてきたよー。もう1週間切ってるのに配送されてない…?と思ったら今回コンビニ発券なんですね。ふぁみぽーとのアーティスト名、MERRYじゃなくてガラってなってたの微笑。
先日も言いましたけどヘクトウがマジヘクトウだったので、ガラバduoでそこそこのキャパだしさすがに柱に呑み込まれてしぬような番号なんだろうなと思っていたのですが、これABとあるんすね?Aが通し?アフターパーティーの褒めちぎる会は時間の都合上行けないので本編だけ行くのですが引き換えたところBでした。並列?それともA→B?さすがにA→Bだとちょっとやるせないというか切なさを隠しきれないところもあるんですが…
A→Bで入場ならば無事順当に柱に呑み込まれる番号だと思うんですけど、並列だとちょっとヤバい。ヤバ之助。duoの柱をケツで割るレベル(?)。よく分かりません。どっちにしても南無三…ぼくは柱に呑み込まれてしぬのもガラちゃんを必要以上に近くで見てしぬのもいやだあ…だからduoはヤなんですよお…ていうかAとかBとかその場であたふたしそうなやつやめてくださいよお…
並列であればですけど、ライブへの意欲が薄い頃に限って良番連発するのってどんな因果なんでしょうね。今何が熱いって2次元と旅行欲が熱いよ。推しの香水早く吸いたいよ。ズォーッッ
ライブ行きたいとはあんまり思ってないんですね。これもまあ長年やってりゃままあること。しかしそんな中のヘクトウまじ何なんだよふざけてるな…(わたしの運が…)。前回のMERRYの煽動歌謡祭も2桁だったしなあ。あれは一部と二部で良番とそうでもない番と振り分けられてたみたいだけど。ま、あのときは後ろのが良かったかもなと結果論的には思うわけですが…
今5連勤なんですけど、終わり次第ガラバっつーことでのんびり連勤を乗り越えたいと思います。課題終わったし。



んーでぼかぁ一生結婚出来んのやろなあ…朝ドラの台詞がつらいっていうツイートがTLに不意に現れて、まあドラマ自体を見てないので文脈というか流れがよく分からないのだけども、ああいう台詞に対して「別にそんなのなくてもよくない?」という…反論ではないか。感想か。感想なら言うことはないんだけど、反論であるならば筋が違うのかも知れないなと思うなどしました。わたしも「いや恋人や結婚の有無でワイ自身を判断されても困りますがな」と居直るタイプだし、そういうものをステータスと見て劣等とかいきすぎた判断をするハラスメントな輩には積極的に噛みついていく所存なのだけども、
「何もない」という状態がどれだけ空虚でそら恐ろしいことかは非常によく分かるよ。
これはわたしの話だけど仕事に充実感を見出だせなくて、趣味は暗い部屋で1人音楽を聴くことで、年齢が顔や人生経験を追い越してしまって年相応になれない幼い自分がいたとして、例えば「何もない」と泣くことは、「ほしい」と泣くことだと同義だと思うのですね。
「ほしい」と泣いている人に「なくてもよくない?」と居直りを求めることは、やっぱりちょっと残酷だし、同一線上にはないような気がするのです。
一人で生きていくんじゃいと拳を振り下ろす機会をギラギラしながら狙っているわたしも、孤独感や不安感に磨り潰される寸前の飽和状態の限界なわたしも同時に在って、だけど対立はしないものなのではないでしょうか。
でもまあ………やっぱり無理なんだろうなと思いました。1mmも心動かなくて。震える。惚れた腫れたは一生理解出来る気がしねえな、別れ歌しか面白くない。なんというか傲慢とか自意識過剰とか蹴られても文句言えないけど、わたしみたいな人間かどうかも曖昧な物体を選ぶセンスの無い男なんて死んでも御免じゃないですか?ドン引きします。或いは憐れむのはやめてくれよと。見くびるのも勘弁してくれと。一人でいさせてくれよ、干渉や侵害に気が狂いそうになるんだよと。どうにもなんないなあって思う。このままいつかほんとに独りになるのを待つだけなんだろう、うぇ怖










§


七夕のことは、言及するには随分と無資格無節操な、右手のスプーンと初恋と以下略パロディなんですけど、まあ正味休憩明けのライブ決定とか新譜決定とかなんじゃねえかなっていうのが楽観的且つ現実的な本命予想だと思ってます。あとは対抗としてメンバーに関して(正式な、という意味で)(あまり言い及びたくはないですけれど)の発表というところかなとかぼんやり考えていました、つまりこれ以降に書くことは大穴とさえ思えない完全に妄言たわ言ざれ言なんですけど、
成仏というより除霊待ったなしの怨霊として、もうそろそろ経る年月に風化を避けられない死体のこの期に及んでの遺言といたしましては、わたしは、あくまで個人的にですが、
7期には絶対に、永遠に、二度と復活しないでほしいと思っています。

だけど 飛魚のアーチをくぐって
宝島がみえるころ
何も失わずに同じで
いられると想う?

うまく言えないというよりも詳らかに言葉にしたくないので、こういうことです。Coccoで唯一知ってる曲だよ。いや本音を言えば1回だけでいいから、いいなら、もう一度だけ、あのバンドに会いたいという気持ちはあるけれど、会えないからこそなんとやら、えんやこら、そういうことです。

まあ何だかんだ言っても客観的に見て(客観的に見れて)めっちゃ冷静に現実的に考えて、やっぱり普通に無いですけどね。思い入れとか一切抜きで。8期のファンの人には安心してほしいんだけど、7期ファンから見たら7期が復活することはまず無いと思うんだよね。言いたくないけど。
いや知らんけど。どう転ぶかなんて知らんけど。こんなもんわたし1人の意見だし信憑性皆無だけど。

……だめだ。文面から卑屈が滲んでる



過去が過去になるのが怖かったのももう随分と過去の話で、やめにしたい、終わりにしたい、死んでしまいたいと思っていて、それがいつしかやめたくない、終わらないでほしい、死にたくないになっていき、境目でぜいぜい喘いでいたものが、ゆっくりと静かに凪いでいって、無感情に無感動になっていく。なってきた。何もない。なにも無い。実のところ、もうどっちだって構わないんだ。しょうがないでしょ?諦めることでしか黙れない。諦めたってこうやって黙れないけど、当社比、わあわあ喚き散らしているよりかは幾分ましなんだと思ってる。そう思うしか、ね。ひとりだから。

夢の後、夢の跡、夢の痕。

現実ってどうして夢ほど幸せになれないんだろう。わたしの力不足なんだろうね。わたしはさみしいよ。夏だっていうのに。