疾走

ずいずいのひつひつ

メリー「for Japanese sheeple」





「最速全曲感想を目指しました」などと供述しており

インタビューや試聴一切読んでません聴いてません!ついったにもぬめぬるのフォロイーフォロワーのべ1人しかいません!そもそもフォロワー10人しかいないしな!Instagramもやってません!2~3人でこそこそやるタイプです!

つまり純度100%の個人的な感想ですよろしくお願いします!!

この記事は「史上最速感想に挑戦」という自己満足だけを目的に書いているので聴き込んだ感想ではないってことだけは断っておきます。要するに
_人人人人人_
>  浅いよ <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄
聴き込んだらいろいろ変わるかも知れませんが第一印象ということで。



※※!!!!ネタバレ注意です!!!!※※

ネタバレ嫌な人が発売日前に「新譜 感想」とかで検索しないとは思うけどね。ネタバレ注意です。ネタバレ注意です。
あとメリーのメンバー以外の方のお名前が出てきますが敬称略。あっメンバーも敬称略してましたすみません。
このへんはどうしていいかわからんな……




いいですか??




発売日前だからね!




正直発売日前に感想書いていいのか分かんないんですけどね!





一応注意喚起してるし!いにしえスタイルの改行もしてるから!





いろいろ大目に見てぇ!



















▼「for Japanese sheeple」

f:id:lyque:20190416181744j:plain:w180

写真のセンスがなさすぎてつらい(曲がったまま編集した迂闊さへの言い訳)

1周まわって神経を逆撫でするデザインだなって思いました。なんかイラッとしゅる……
あと何がびっくりってこの盤wwwDVDwwwwww
嘘だろwwwwこんな大々的なのに特典wwww完全にCDだと思ってPC入れたらDVDの再生画面出て来てエッwwwってなったwwwwww
初回生産限定版買ったので通常盤やFC限定がどうなってるかは分かりまへんけどとても罠だったわ…

あと余談なんですけどバンド表記変えられると音楽プレイヤーに取り込むとき地味に困りません?まとめておきたいので…わたしは大文字MERRYからの新参者(新規というちょっとアレな意味を持ってしまう言葉が突然長身の古代ローマ人こと阿部寛になる魔法の言葉…)なのでカタカナメリーに文句言える立場ではないんですけどちょっとだけムッとしたので大文字MERRYに変えてぶちこみました。ごみん
あとカタカナだと検索しづらいのがかなc 俺はキラかわ女子キュレーションサイトに用はねえんだ うそ ニベアの使い方でちょっとだけお世話になりました



1.Toxicosis Island

イントロギターがびよびよベースがぼりぼりいってる!フゥ!(シンプルにバカの感想)
ガラちゃんがライブではじけるのが想像出来ますね。いっすね、ライブできっとこういう歌い方すんだろなーって想像出来るボーカル、遊び心あるしファンに「理解させる」力が強くて素敵です。
〈平然 煩悩 空想 脱落〉のとこは客が言う感じになるのかな。ちょっと今から5月に向けてボイトレしときます

歌詞がガラ結生の共作なようですが、〈其れ〉〈此れ〉はちゃんガラっぽいかな?このアルバムのガラ作詞、〈其れ〉表記多いので…1箇所ひらがなだけど明確に指すものがあるときは漢字表記っぽいな。あと流行りのものというか、後になって聴くと「あったあったー!」ってなるワードを入れるのもちゃんガラっぽいのかなーと思うんだけど、如何せん結生くんの歌詞が少なすぎて分からんww…いや誰の歌詞も分かんないけどね…誰の歌詞も…

あと全然関係無いんですけど結生くんが書くラブソング読んでみたいのでよろしくお願いします。



2.匿名希望

ハーーーーーーーーンヴィジュアル系ヴィジュアル系!!すごいヴィジュアル系!!ゼロ年代ヴィジュアル系のきれいめソング感がすごい!
…と、思ったけどむしろゼロ年代前半の邦楽インディーズっておおよそこういう感じ、だったような気もする。カラオケ行ったら1人はこういう曲歌うよねみたいな曲調だなって。とにかく懐かしいというと言いすぎなちょっとの懐かしさっていうのかな?

タイトルだけでSNSとかテーマかなと思ってましたけど全然違いました。全然違いました。
なんか歌詞、歌い方というかボーカルにかかってるエフェクト?コーラス?も相俟ってめっちゃシンプルに「かわいそう………」ってなってしまう曲でしたわ…よかったちょっとは大人になって…あと日が出てるうちに聴いてて…
ほんとにゼロ年代のうら若き時分に聴いていたらわざわざ雨の日に制服で外に出て濡れながら聴いてしまいそうだわ…(痛)
多分弱ってる夜とかに聴くととても効くと思うね。

蛇足且つ私見ですけど、こういう曲や歌詞を作っている人たちの年齢や状況や思想と照らし合わせようとすることはとりあえず横に置いといて、ただこういう曲が悩める少年少女に届いてくれたらなと思いますよね。いろんな意味で何様なんだって話ですけど。
あとこれも何様ですけどヴィジュアル系バンドをやるならいくつになっても中学生の心を忘れないでほしい気持ち…バカにされがちだけど、殺したり殺されたり別れたり泣いたりつまるところ死んだりする曲があることが誰かのそういう衝動に寄り添って掬い上げることも絶対あるはずだから…いや別にヴィジュアル系が必ずしもそういう役割じゃないんだけど…やっぱりね、多数派じゃんね…



3.Kamome Kamome

タイトルwwwwwwww
ごめんタイトル笑っちゃったごめん、メリーのこういうところほんと謎なんだよな…ガラちゃんの言語感覚なんなんだどこから来てるんだ?ダサいとカッコいいの境界はどこだ?
カタカナやアルファベット表記或いは私小説的歌詞の一人称の性別転換なんかはおおよそ「個人的/具体的すぎないように抽象化し、共感の幅を広げる」っていう狙いがあると思うんですけど、やっぱりタイトルの語感で「かごめかごめ」が思い出されるわけで、それはものすごく日本っぽいというか土着的なイメージがあるわけじゃないですか。怖い都市伝説もあるしほんとに日本の民俗的な要素っていうか。だからそういう雰囲気を持つものをアルファベットにされてあたしびっくりしちゃった。ワーオ…

曲、あ~~ーーーはいはい!はいはい!はい!(語彙力)
歌詞もだけどこれあれね、渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」だね!!!この曲WALKMANに入ってっからね!!!好きなんだよね!!
タイトルがカモメで港町で女がひとりになるならきっとそうよね。あとは研ナオコ(作曲は中島みゆき)の「かもめはかもめ」とかも参照したけどやっぱり渡辺真知子の方かな…インタビューとかでそういう話も出てんのかな?ちなみに研ナオコも好きでWALKMAN入ってるゾイ!夏をあきらめてがとても好き
メリーが「かもめが翔んだ日」を書くとこういう感じになるんだろうなって雰囲気。アルコールが絡むし女は未練ったらしいんだ。「かもめが翔んだ日」の方は女の人はどことなくこざっぱりした…こう、点的な印象なんだけどガラちゃんが描く女の人はどこかの地点までずっと引きずってメソメソしている線的な人のイメージ。
かもめが翔んだ日」で1番好きな歌詞は〈あなたは一人で生きられるのね〉なんですけど「Kamome Kamome」(じわじわくる…)は〈私を置いて 何処へ行ったの?〉が意味合いとしてそれにあたるような気がします。だからメリーはやっぱり主語というか主格というかがさ、自分なんだよな多分。感情移入の先というか感情の舞台が自分自身ばかりなんだよな。ほとんど相手の気持ちや性質を鑑みない。是非ではなくてよ。

イントロがさーーーなんか聴いたことあるんだけどなんだっけなーーーーマネキンっぽいけどそうでもないしなーーー
アッッッ思い出した!!!ミソッカスだ!!!ミソッカスの「闇夜のキャラバン」だわ!!あースッキリ!!
……何の話だっけ?
あっイントロイントロ、イントロはそんな雰囲気が全然しないのに歌が入った瞬間「うわっ潮風来た!!」ってなるのがすごいわね。ていうか全体的な音は結構骨太だしミソッカスの雰囲気感じるような電子的な?割れ方してるし海っぽくない気もするんだけど、メロディーライン(のギター)とボーカルが一挙に寂れてる感を演出してる …んだなあ…などと…思いました…まる…



4.【人間曲芸坐】

待ってこれ絶対に聴いたことあるよね…待って…ライブでやった…?新曲ですっつってやった曲あったよね…?
え、これ…?でももっと長かったような気がするし〈insane〉のとこなかったような気もするんだけど…これだっけ…?嘘、わたしの記憶力、悪すぎ…?

【】なので【collector】を連想したよ。それだけだよ。

何を言っているのか何を言いたいのかわたしには分かんないんですけど、分かんないままが良いっていう曲も勿論あるしそういう曲だなと思いました。ライブでただ聞こえてくる音と声にフンフン乗っていたい感じ。



5.sheeple

前書いたので引用

ライブで聴いたときはやっぱ生だけあって荒っぽい曲の印象だったけど音源で聴くと螺鈿細工みたいな繊細さとギラギラ感があって良いね。イントロとかアー写のイメージぴったり。民族的な雰囲気のある音っつーの?の割に歌詞のテーマはあんま関連性無さそうでそういうとこが良いなって思うんだよな。いや民族的な雰囲気の歌詞って分かんないけど。歌詞、細かいとこはあんま読み込んでないけどライブで聴いてるとき「死ぬことも出来なくて」だと思ってたら違ったからおふwwってなってるとこです。歌詞からキャラクターを見ようとするのは悪趣味且つ愚かだなって自分でも思うんですけどサンプル数1じゃ流石にむりだわwwでも漢字の使い方は面白いね。コトは漢字派デキはひらがな派かー!とかね。もっと結生くん歌詞見てみたい。歌メロとかも結生くんっつってたっけ?なんかやっぱいつもと違うなーって感じがします。これで結生くんじゃなかったらクソ耳と罵ってくれていいよ。
アッそうだこれだけは言っておきたい、「空が~」って歌うとこ、つい「…近視気味の目にも青く映るならァアーーー!!!!!!(クソデカ大声)」って叫びたくなってしまうな。

何でサイレンの話してんだオメーは???



6.最後の晩餐

取り込んだとき11分06秒あって、うわ大作すぎ激声かよ………と思っていたら後半はミヤくんアレンジのsheeple前の空きでズコーッッてなった。ははは
…………と、思ったら、さ、最後!なによ!なんだよ!どっちだよ!どっちかにしろよ!!(困惑の八つ当たり)

あとどこらへんが最後の晩餐?ってなったので一応大元を調べてみました。

「最後の晩餐」
…夕食の場で、使徒の一人がイエスを裏切ることが告げられ(イスカリオテのユダの裏切りの予告)、また、使徒達が自分の苦難に際して逃げ散る事を予告する(マルコによる福音書14章27節) ―Wikipedia

Wikipediaなのでざっとですけど。
うーん、多分噛んでない。

したらまあお粗末な解釈だけど自殺前夜かなあ。発想がお粗末だなあ…わたくしが残念だわ…
ただまあ「死ぬ」ってさ、肉体的精神的な断絶、「そこで終わり」っていうのが当たり前なんだけど、バンギャルちゃんだったら多分(日常的な)「眠る」を「死ぬ」と重ねるとこ、あるじゃん…?「寝る」じゃなくて「眠る」ね…ほら御大も〈今日も、また、死ぬまで。〉って歌ってるしさ…そういうことなんだと思うよ…そういうことなんだと腹に落としました…




▼まとめ

なんか全体的に暗いな?
フルアルバムだともう少しこう…斜に構えてはいても「前に進んでやろうじゃん」みたいな(相変わらず発想がヤンキーに憧れるオタク………)気概を感じる曲がありましたけど今回のミニアルバム全体的にダウナーな感じがしますね?しかも大体同方向に向けた降下ってイメージです。

以上第一印象でした。

まとめの部分は聴き込んでから出てくる感想なのでまた聴き込んでから出直してきますわ。そんとき追記します。
あとめちゃくちゃ普通にミヤくんアレンジのsheepleの感想書くの忘れました。忘れたままにします。まあ通常盤には入ってないし…。すんません。



▼雑談

ほんとに聴き始めてから3時間足らずで書き上げたのでマジで2つの意味で最速でしたな。今日はフラゲ日だけど、公式発売日前に感想書くのがヤバかったらそっと教えて…そっと下げるから…

しかし今日は非常に正しい休みの使い方をしました…不要品を処分し飯を食い茶をガバガバ飲み新譜を聴いてブログを書く…正しい…コレクト…コレクトネス…そうこれこそコレクトリーマイホリデー、一抹の切なさ

夜は特典のライブDVDを見ながらまたガバガバ茶を飲みます。ぼくはよく眠りよく水分を摂るいきもの。次の休みはIMYです!まつやさん!いくさぶろうさん!しろたゆうさん!マジで未知の世界!今月はちゃめちゃに金欠です!それでは!